黒く色素沈着したニキビ跡を薄くするには?

黒っぽい色になったニキビ跡が全く薄くならない

シミ

経験したことがないとわからないのですが、ニキビ跡って赤みの状態を放置しておくとだんだんと黒や茶色っぽい色になってくることがあるんです。

しかも、この状態になると赤みの時よりも長期化してしまうことが多くて、放っておいても薄くすることはできません。

このシミみたいなものはなんなの?と思った方、それはまさにシミなんです。

シミって年齢を重ねていくとできるものっていうイメージがありますが、ニキビによるダメージなんかでも十分にできてしまう可能性があるのです。

まだ赤みの段階で気付いて、これ以上悪化しないようにと対策を始めることができた人は本当に運がいいと思います。

黒や茶色のニキビ跡は、紫外線を浴びてできるメラニン色素が沈着したものなので、赤みのように色が透けて見える状態とは違って、完全にシミと同じ状態なのです。

しかも加齢によるシミとは違う、ニキビによるシミであるために、単純なシミ対策と違った対策が必要になってきます。

赤みの時と同様に、今できてしまっているニキビによる黒いシミがどんな原因でできたものなのか、どうすれば薄くすることができるのかを理解して、一生ものになる前に、とにかく早く正しいケアをすることが大切になってきます。


どうしてニキビで黒や茶色のシミができちゃうの?

どうしてシミができたのか?

先ほどちょっと触れましたが、黒や茶色のシミのようなものはまさに紫外線によってできるシミと同じものなんです。つまり、メラニン色素によって発生した黒い色なんですね。

ここで、多くの方が

「どうして紫外線を浴びたわけでもないニキビ跡が黒くなるの?」

と疑問に思うでしょう。私も最初はそう思いました。

このメカニズムは、間違いのないスキンケアをする上でも大切ですのでしっかりと理解しておいた方がいいと思います。


色素沈着の原因は活性酸素

医師の説明

先ほども書きましたが、色素沈着してしまう原因って加齢の他には紫外線を浴びたことによるものというイメージがありますよね。

確かに紫外線を浴びるとメラニン色素が発生するので正解なんですが、紫外線を浴びなくてもメラニン色素が発生することがあるんです。

そもそも、紫外線を浴びたからメラニン色素が発生するんじゃなくて、体内で活性酸素が増えるとメラニン色素が増えるのです。

実は体の細胞が働くためには酸素が必要です。細胞が仕事をするたびに一定の割合で酸素が活性酸素と言う誰とでもくっつきたがる暴れん坊に変わるのですが、紫外線を浴びた時にも体内の酸素が活性酸素に変わってしまうのです。

これは赤みを薄くするでも書きましたが、活性酸素は殺菌など敵を倒す力もあるけど正常な細胞にまで攻撃を加えるんですね。だから、その動きを止めるために、細胞とくっつく前に他のものをくっつけてしまえ!ということで、活性酸素にくっつきやすい物質を体内で作るのです。

それを活性酸素にくっつけると、無事に動きを止めることができるのですが、くっついた後の活性酸素は黒い色に変色する性質があるのです。それがメラニン色素なんですね。こうしてメラニン色素は活性酸素の動きをとめつつ、黒くなって紫外線が体内に入るのを防いでくれるわけです。

ニキビが出来た場合にも、アクネ菌を退治するために体内に活性酸素が発生します。そして、その活性酸素によって炎症が起こるため、それを防ぐために紫外線を浴びた時と同様にメラニン色素が発生するのです。

そして、ニキビ肌は炎症によるダメージで皮膚が入れ替わるスピードが正常でなくなっているために、より一層色素が消えにくくなっているのでシミとして残り続けて、簡単には薄くならないのです。

肌の表面に近いところにあるメラニン色素は日焼のように黒く見えるのですが、肌の深い部分でシミをつくってしまうと皮膚を通すことで茶色っぽく見えるのです。


黒い跡を薄くするために必要なケアは?

必要なこと

根本的な対策としては、赤みの段階で活性酸素など抑えて、炎症の悪化を防ぐことが一番なのですが、すでにできてしまった色素沈着に対しては

  1. 色素を追い出す
  2. 色素の発生を抑える

という2つのことが必要になってきます。

1つめは、赤みを薄くする場合と同様に、ニキビによるダメージによって皮膚が生まれ変わるスピード(ターンオーバー)が正常でなくなっているため、色素沈着した肌を排出しし難くなっているのです。

そのためターンオーバーを整えるためには肌を健康な状態、つまりしっかりと保湿をして角質層を正常な状態にしてあげるのです。

もう1つは、メラニン色素を分解する、またはメラニン色素の元になる活性酸素を抑えるようなケアをしてあげることです。

一般的に美白成分と言われているものでスキンケアをするということです。

例えば、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、アルブチンといった成分が有名ですね。

ただし、気を付けなければならないのはニキビによるシミを薄くするのであって、シミを消せばいいと言うわけではないってことです。

単純にシミを消したり薄くするだけなら美白成分だけでもいいわけですが、ニキビ肌の場合、これ以上症状を悪化させないためにはニキビ予防効果や炎症を抑えることが必要なのです。

そのため、美白成分にプラスしてニキビ予防や抗炎症作用のある化粧水や美容液を選ぶようにして下さい。


サイトTOP → ニキビ跡はどうやったら薄くなる?汚い肌を改善して自信をつけよう!

↑ PAGE TOP