ニキビ跡を赤みを薄くするには?

赤みは簡単に薄くならないの?

悩む

ニキビの腫れがやっと引いてきて、これで憂鬱な毎日から解放されると思いますよね。

私も少しずつ平らになっていくニキビをみて、これでもうメイクで隠したり、化粧崩れを気にしすぎたりすることも無くなると思ってました。

しかし、腫れが引いたにも関わらず赤みが一向に引かないんですよね。私の場合は、完全に消えるまでに3ヵ月年ほどかかってしまいました。

最初の頃は何もせずに放置していたためか、ほぼ薄くなるようなこともなく赤いままでした。

2ヶ月が過ぎたころに、「さすがにこのままじゃ治る気がしないし、またニキビができてしまったらもっとひどくなるんじゃないか」という恐怖心もあって、スキンケアを始めました。

根気よく毎日毎日しっかりとケアをしていても、日々の変化に気付けないくらいゆっくりと薄くする以外に方法はないので、ニキビ跡の赤みの症状を正しく理解したうえで、自分でもこれならイケる!という確信をもって長期間取り組まなければなりません。


赤みはどうしてできるの?

どうして

まず、ニキビ跡の赤みをどうすればより早く薄くすることができるのかを考える前に、どんな症状であるのかをちゃんと理解しておきましょう。

結論から言ってしまうと赤みというのは、ニキビの悪化によって引き起こされた炎症が継続している状態です。

跡が残る前のぷっくりと膨れたニキビの状態からずっと赤い色は変わっていないですよね?

おそらくほとんどの方がそうだと思います。

では、どうして赤くなってしまうのでしょうか?

何か赤色で皮膚が染められたのでしょうか?それとも皮膚自体が変色してしまったものなのでしょうか?


赤みの正体は血液なんです

回答

実は、ニキビ跡の赤みというのは、皮膚が染まったわけでも変色したわけでもなくて、単純に真っ赤な血液の色が外側から見えるようになっているのです。

どうしてそのような状態になるのかという、ニキビというのは毛穴が詰まってしまうことによって、毛穴の中にアクネ菌がたくさん繁殖してしまうことから始まりますね。

そうなると、体がアクネ菌を異物と捉えて退治しようという機能が働き始めるのです。

当たり前ですよね、本来体にとって必要のないものが急激に増えていくわけですから、それを追い出そうとするわけです(免疫反応の一種です)。

そうすると人間の体はトラブルが起きていることを私たち自身に知らせようとして痛みを発したり、血液を送って赤みや腫れを引き起こすのです。

さらにアクネ菌を退治しようとして、皮膚のいろいろなところを傷つけてしまうこともあります。

そうなると、無事にアクネ菌を倒した後、傷ついた肌を治してあげなければいけませんね。

そして、治療にはたくさんの栄養が必要なので、血管を造ったり血管を太くしたりして血液をたくさん流して栄養を運ぼうとするのです。

こうして、ニキビに周辺に毛細血管が集まることによって、周辺の皮膚に比べて血液が透けて見えやすくなり、赤々として見えるようになるのです。

つまり、防衛反応として敵と戦って傷ついてしまった細胞を修復して赤くなっているのです。


赤みを薄くするためのスキンケア

赤みのケア

傷ついた細胞を急いで修復しようと体は頑張っているわけですが、炎症によってダメージを受けてしまっているために修復させようとする機能も衰えてしまっています。

本来の健康な肌であれば、新しい皮膚が生まれてから垢として剥がれるまでに約1ヶ月と言われています。しかし、炎症によるダメージによって皮膚が入れ替わるサイクルが遅れてしまうのです。

さらに、通常肌は皮膚の表面にバリア機能(外部からの刺激や細菌の侵入を守ること)を持っているのですが、ニキビ肌は炎症や膿の排出によって傷ついているためにバリア機能も低下しています。こんなときに新しいニキビが同じ場所にできようものなら、大打撃を受けてしまう状態なわけです。

このように、ニキビ跡の赤みが残った状態というのは

といったことが重なって起きているために、一生懸命に血液を運んで治そうとしているけどなかなか治すことができないのです。

そのため、早く治そうとすると上記のような複数のトラブルをケアする必要があるため、ある1つの方法だけ頑張っていてももなかなか改善することがないのです。

そこでおすすめなのが、ニキビ跡の赤みの複合的な原因にアプローチしてくれる化粧水です。

化粧水やスキンケアの詳細はコチラ ニキビ跡の赤み対策ならこの化粧水!色素沈着する前に!

もちろん肌質によってはスキンケアをやりすぎると、その刺激で炎症が悪化することもあるので、自分の肌に合ったスキンケアを選ぶことがとっても大切です。


サイトTOP → ニキビ跡はどうやったら薄くなる?汚い肌を改善して自信をつけよう!

↑ PAGE TOP